アフターサービスが万全な戸建てを選ぶコツとは

室内

自然エネルギーの活用を

住宅

効率的な住まいを建てる

注文住宅を愛知に建てる際には、自然エネルギーの活用を意識する必要があります。四季の変化のある日本では、夏をいかに過ごすかが生活の質において大切です。夏は木陰や北側の涼しい風を室内にたっぷりと取り込めるように、注文住宅を設計すると良いです。それには窓の位置が大切で、吹き抜けに天窓を設置することで、開けた窓から自然と風が入り込む煙突効果を起こすことができます。北側に地窓を設置して、北側の冷えた空気を積極的に室内に取り入れることで、夏の室温を下げることができます。吹き抜けと天窓の他に中庭も愛知の注文住宅に造ることも効果的です。家の周りに緑の環境を作ることでも、夏の暑さ対策をとれます。落葉樹などは、庭の樹木として人気です。

四季を快適に

注文住宅の南側に落葉樹があることで、夏は日射しを遮ることができて、冬は葉が落ちて、太陽の熱を室内に取れ込めます。夏の涼しい空気を保つために北側にも樹木を植えると、更に効果的です。愛知での生活は、植栽によっても快適になります。愛知の注文住宅では、シーリングファンも、空間をかくはんして冷房効率をアップする手段として人気です。蓄熱効果のある壁材を注文住宅に使用する人も多いです。雨水を有効活用できる注文住宅にも注目が集まっています。屋根面に降った雨を雨どいで集めて、タンクに貯まるようにすることで、雨水を庭の散水やトレイの洗浄水などに活用することができます。住まいに関する技術は日々進化していますので、どのような住まいを作ることができるかを知ることは、とても大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加